グリーン

緑が映える時期になりました。
私は、お花よりも観葉植物を好んで部屋においています。
…というのも、
無精者の私には、お水を替えることなく
継ぎ足し継ぎ足し やるだけでいい方が楽チンという理由が
大きいのです。

お花だとスグに咲き終わってしまうでしょう。

以前は2部屋に10鉢も置いて、
緑々していましたが、今はこじんまりと3鉢。
中でも一番楽なポトスのみ。。。。

「金のなる木」(←観葉植物名)
「ウェディングベール」(←観葉植物名)
などは、なぜかスグに枯らしてしまうのです。(縁起わるぅ

だから 今はポトスだけ。。。。

手入れもせずこんな状態。
           ↓


でも、こんな中からも 比較的小さく新しい葉を選んで寄せ植えをします。

まずは、目ぼしい葉をハサミで切っ て 根が生えるまで水栽培します。



初めはこんな状態ですが、
      ↓

        
こんなふうにすぐに根っこが出てきます。
  ↓


根っこが生えたら、適当な花器に土を入れて寄せ植えするだけ。。。

これは2年ほど前に寄せ植えしてルームに置いてるものです。
 ↓     ずいぶん育ってくれました。


少しづつでも根を張りながら成長をみせてくれる緑をみてると
愛おしくなってきます

初めての写経

先日お墓参りの後 時間があり写経をしました。
天王寺にある一心寺さんは近いこともあるし、お彼岸など関係なく
気が向くとお参りします。
一心寺さんには、「お写経なさいませ。」という大きなポスターが貼ってあり
以前から やってみたいなぁ・・・と思いつつ何年も経っていました。

お写経専用のお堂が別棟にあり、随時受け付けてはります。
誰も居ない受付でキョロキョロしていると、年配の女性が出てきはりました。

私 : あのぉ....  今から写経って できますか?(できるのわかってたけど一応。。。)

女性: はい。ご回向料1000円です。

私 : 筆とか要るんですよねぇ。

女性: いいえ、それはこちらのものを使ってもらいます。
    どうぞ 2階へ上がってください。

上がったところは 静かで ホットカーペットが敷かれ、大きなテーブルの上に
お茶が飲めるようにポットが用意されてました。
大きな窓にかかった薄いすだれから覗く緑がとってもきれいに見えました。
音楽もなくシ〜ンとした感じがとっても新鮮でした。
上着を脱ぐと、お数珠と衿にかける・・・う〜んなんていうんやろ
「一心寺」と文字のはいったそれが渡されました。
私はササッと、お数珠を腕にはめ、それは首からかけました。
 
正面に仏様の掛け軸が掛けられ その前に焼香台があり
女性がお線香を1本立て、
私は「手を合わせてください。」と促されました。

ここで するのか…と座ろうとすると
女性は「ここではしません。ご案内します。」・・・と
石の扉を開けました。
扉の前(足元)には幅30センチほどの石があり
「右足からまたいでお入りください。」と言われました。
またぐ足もどっちからか決まってるんやぁ・・・と言われるようにして入りました。

正面には蓮の花に金の如来像が鎮座されていました。
会場はこんな感じ→写真
             ↑
            ココで一人墨をすり 写経スタート!



裏表に見本があり、どちらにしようか迷い
私は「祈りの心」にしました。
この上に薄い紙を乗せて、なぞるように書いていきました。

書き初めて ハッとしました。
初めの文が
「私が幸せでありますように」・・・なのだ。
その次の行に
「私の親しい人が幸せでありますように」なのだ。
その次が
「生きとし生けるものが・・・・・・」なのだ。

まずは自分が幸せでありますように・・・なんや。。。
なんか こういうのって
「世界が平和でありますように」的な出だしのような、、、
勝手にそんな気がしてた。。ような

でも、やっぱり
まずは 自分が幸せでないと 
正直・・・うん。
そらそうやわなぁ。

写経・・・などすると
気持ちが落ち着き 浄化された気分になるのかと思いきや
書いてるうちに 肩を上げたり下げたり
首を回したり
お昼ごはんを済まさずに臨んだため お腹がグゥグゥなったり。。。
終わった後は パスタにしよう・・・などと考えてました。

それでも シ〜ンと静まり返り
聞こえるのは鳥の声だけ・・・・という環境は気持ちよかったです。

それにしても何も考えず無心になるというのは難しい。

「何も考えないことをする」ということができるようになるには
まだまだかかりそうだわぁ。




ベランダから



これは、ベランダから見える上の階の方の鯉のぼり。



2007年の5月4日のブログにも載せてました。
毎年こうして下から楽しませてもらってます。
季節を感じさせるもの・・・やっぱりいいです。
5月の風を感じながら一息つく朝でした。

気分で料理、、、

アボガドを半分に割った。。。
キレイだ!!!
感激(o^∀^o)



アボガドが大好きな私は、たびたび買うのです。
熟してるかどうか 吟味して買っているつもりが、
なかなかいいモノにあたりません。
硬すぎた…と思って 日が経つのを待っていると
日が経ちすぎて、腐らせる。
硬いのを半分割って、「まだやったぁ」とまた元に戻してラップに包む。
でも 結局は腐る。
茶色くならず まだ腐っていないところをスプーンでちょっと剥ぎ取って
少し使う・・・という何とも情けない使い方をすることもしばしばです。

そんな私が今日のアボガドの美しさに感激Σ(゜▽゜ノ)ノ

そうや!
こんな日はアボガドを使ってお寿司にしよう・・・と急遽 メニューを変更。
冷蔵庫から適当に材料を出して 押し寿司を作り始めました。



…と言っても 押し寿司は初めて
卵焼き・シソ・かにかま、そしてアボガド
ギュウギュウギュウ…と押して押して
そして 外して出来上がりぃ〜〜(o^∀^o)



手間隙かけて創る料理はどうも苦手(^-^;;
…でも、遊び心で創れる料理は大好き。
「今日の晩ご飯 なにぃ?」と娘にきかれて
すでに野菜を切りながらも
「何にしようか考えながら 切ってるぅ〜」と答える私。
それでも なんとかやってます('-^*)/

メニューを考え計画的にスーパーで買い物をして作るよりも
気分でササッと仕上げる感じの瞬間料理を創ってるときが
どうしてだかスカッとします。
脳がガガァ〜って 熱く動く音が聞こえそうになるからかも・・・。

ご飯づくりと気持ちって連動しますねぇ〜(^-^)

 


 


ゴールデンウィーク

人ごみが苦手な私です。
お盆のお休みなどは、ほぼ自宅で過ごすことが多いのですが、
子どもの日を含むこのG・ウィークは娘の希望に合わせるようにしています。
…ということで今年も三重県伊賀の手作りモクモクファームに行ってきました。
今年で4回目です。
動物が大好きな娘は、動物とのふれあいが目的



私はそこで作っているハムやウィンナー、ヨーグルト、パンがふんだんに食べられる
バイキングスタイルの朝食が目的



宿泊はドーム型のコテージ。
各コテージの使用電力が表示されるようになっていて
どのコテージが一番節電しているか?・・・と子どもたちも使用電力に関心を持つような
しくみになっています。
使わない電気は消すように心がけたり、それぞれ頑張る姿を見るのも楽しいです。

 

今回は6人でロフトの付いたコテージに泊まりました。
ドーム型なので、
1Fのベッドに寝ていても2Fのロフトで話しているヒソヒソ声が耳元で囁かれているように
聞こえるのも面白かったんです(o^∀^o)



4回目ともなると 過ごし方も慣れたもので、
早めに夕食&温泉を済ませ、夜の散策などして夕べを楽しみました。

さ〜て 
明日からは通常のお仕事に戻ります。

お休みの間に2件のお電話を頂いたようですが、2件とも留守録が入っておらず
どなたからだったのかわかりません。(^-^;;
お手数ですが、もう一度 お電話お願いします。<(_ _)>

GWのお休み

不定休のカウンセリングルーム
土日祝日もオープンしています…と言いながら GWはお休みを頂いてます。
サイトにお休みの予定をアップするのが遅くなったせいで、お申込フォームには、
GW期間のご希望が入力されています。
せっかくフォームを送信して頂いたのに申し訳ないです<(_ _)>

●----------------------------------------------------------●
   
   下記の日程でお休みを頂きます。

   5月 3日・4日・5日・・・の3日間です。

   メールでのお申込み・お問合せは通常どおりお受けします。
   返信が少し遅れることもあります。ご了承ください。

●----------------------------------------------------------●

★Rebornだより更新しました。

本当の意味で心に届くメッセージって…

 

これは、娘のお弁当箱です。
洗わずに 学校から帰ってカバンから出したままになっていたものです。
朝 お弁当を詰めるのに見当たらないので娘の部屋に行くと ありました。
3日連続こんな調子です。
塾からの帰宅が連日午後11時前となり、疲れていたのがわかっていたので
今日は、黙って洗い 詰めてやろうか…とも思いました
・・・が、
思いとどまりました。
作り終えたおかずは お皿の上に並べ置いてました。

7時過ぎに起きた娘は、何も言わずにお弁当箱を洗って乾燥機に入れました。
そして 私も何も言わずにお弁当を詰めました。

先日、アップしたページ(シングルマザーの父親スイッチ)の反響が少しありました。
どこでスイッチを入れたらいいのか?…という質問でした。

日ごろの生活の中でそんな一大事はありません。
でも、日常のそこここに 伝えたいメッセージを示すシチュエーションはあります。

こんな「自分のお弁当箱は自分で洗う」…と一見些細なことも その1つだと私は思っています。
疲れているのがわかっているのだから 親だったら洗ってやっても 気分的には
全然構わない状態でした。

でも、グッと抑えて洗わなかった。
「やらなければやらないで お母さんがやってくれるんだ。」という
メッセージが娘に届いてしまうとわかっていたからです。
そして、
「できることは責任をもって自分でやってほしい。」という
メッセージを届けたかったからです。

もう先が見通せる年頃なので、疲れて帰るとわかっているのだから
塾に行く前にキッチンに出しておけば良かったのです。
ほんのチョットの手間を惜しんだのです。それは 自分の責任なのだということ。
こんな 些細なことで責任云々…なんて大袈裟かもしれません。
でも そんな日々が積み重なることで メッセージは伝えられます。

「自分のことは自分でやらなアカンで。。。」といいながら
母親が代わりにやっていたら、
「まだまだ アンタのことお母さんが助けてあげるからね。」というメッセージjが
確実に心に届きます。

母親が実際に言葉にすることよりも
母親が無意識にしてしまう援助の心が
子どもの無意識に届くのです。

その無意識に届いたメッセージは何よりも強力なのです。

これは、肯定的なメッセージも否定的なメッセージも同じです。

「好きなようにしなさい」という母親の言葉は
「好きなようにしたら承知せぇへんで」というメッセージが拘束感を伴って
子どもの心に届きます。

新しいもので・・・

先日駅前にできたインドレストランに行ってきました。
新しくできた所は、店の前を何度か通った後、
まあまあの確率で試しに入ってみます。
ハズレだったら 
う〜ん
困るんだけどぉ・・・と思いながらも 
Let's try!で入ります。


激辛が苦手な私。
日本人の口に合わないものだったら・・・
な〜んて 心配もありましたが、
なんの なんの 
ウマ〜〜イ

ほど良くかたことのインド人スタッフが
「ソンナニ カラク ナイヨ
  ニホンジンモ ダイジョウブネ
・・・と説明してくれました。



来てよかったぁ・・・

新店舗もそうだけど
ちょっと興味の惹くものには
たいそうお金がかからないものなら
入ってみる!
やってみる!
買ってみる!
ってな感じです。

とりあえず軽いノリで楽しむことで
生活にアクセントつけてます

作為的でない様

 

2キロの体重を保つ愛犬ルル(チワワ♀)の寝顔は、何よりも私をくつろがせてくれます。
眠っている姿を見ると タオルケットを掛けてやりたくなります。
安心しきった様子にこちらまでホッとした気分になるのです。



寒いのが苦手なルルは、今の時期でも まだ散歩を嫌がります。
でも 今日のようなポカポカ陽気の日は、ベランダで日向ぼっこ。

赤ちゃんや動物はどうして こんなふうに こちらの気分を安らげてくれるのだろう???
と考えてみると
やはり 「作為性の無さ」なのだろう…という思いに辿りつきます。

こちらが限りなく無防備な状態で居られるのです。

そう思うと 人間もできるだけ作為性のない状態でいたいものです。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

★ 姉妹サイト ★

■お仕事のサイト
  カウンセリングルームReborn
■人生の後半の充実の為のブログ
  カウンセラーが綴る中年という季節
■月1更新のお便りブログ
  Rebornだより♪ ★9/29更新('-^*)/

■お知らせ

パステルアートワークショップ

日 時 : 2010年9月18日(土)
      午後1:00〜3:00
場 所 : カウンセリングルームReborn
    (地)御堂筋線北花田駅徒歩2分
参加費 : 3,500円(材料費込み)

■私の本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM